うつ・躁鬱に悩む後継者・2代目社長の相談室。認知行動療法に基づくカウンセリング

うつ・躁鬱に悩む後継者・2代目社長の相談室

よくある質問

Q:相談内容の秘密は守られますか?

A:はい、守られます。相談相手は、国家資格保持者である中小企業診断士が担当します。中小企業診断士の業務は、クライアントの秘密や重要な情報を扱うことがあり、守秘義務規定があります。

Q:どのような方が相談にこられますか?

A:最も多い相談は、うつ病と診断された経営者ご本人からの相談です。また、経営者のご家族や会社の従業員が依頼者となるケースや、医療機関からのご相談もあります。

Q:カウンセリング対象者は経営者だけですか?

A:認知行動療法を知りたい鬱病患者のご相談にも対応いたしますが、当カウンセリングルームでは、うつ病の治療行為は実施しておりません。『経営』と『治療』のサポートが主業務であり、認知行動療法を専門に望む方には、専門の心理療法士などをご紹介させていただきます。
ただし、経営者以外でも「後継者」や「経営幹部」など事業経営の基盤を支える人材のうつ病の相談には、対応させて頂いております。

Q:カウンセリングでは何をするのですか?

A:問題の悩みや状況によって対応の仕方も多少変わりますが、当ルームでは、認知行動療法をベースに相談者の悩みを聴き、抱いている問題の原因を分析します。また、カウンセリングを通じて、問題の解決力を身に付けていただき、気持ちが楽になるようにいたします。

Q:コンサルティングを受けたことがありませんが、大丈夫ですか?

A:コンサルティングは、当方が一方的に質問や提案をする場ではありません。あなたの悩みや問題を素直に自分の言葉でお話ください。あなたの話を共感的に傾聴し、一緒になって問題解決を試みます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional