社長のメンタルヘルス|経営者・後継者など会社の経営陣の鬱・抑うつサポート

社長のメンタルヘルス

サポートプログラムの特徴

『治療』と『経営』の両面から経営者をサポート

 当カウンセリングルームの特徴は、うつ病を抱える経営者や後継者を対象に「治療」と「経営」の両面から、事業経営をサポートする点です。一般に従業員がうつ病を患った場合は、「治療」と「休息」に専念することも可能ですが、中小企業の社長は会社と一身同体であり、うつ病の治療に専念することが困難です。

 当カウンセリングルームでは、心理カウンセラーの資格を持つ中小企業診断士が中心となり『カウンセリング』と『経営コンサルティング』のサービスを提供することで、事業経営の負担を軽減し、経営者・後継者のうつ病克服と事業継続をサポートします。

 中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
 中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

サポート事例1: うつ病の経営者(小売業)

経営者のご家族からの相談があり、会社を訪問し2度のカウンセリング。社長ならびにご家族とお話をさせて頂き、社長の健康状態から社長業を継続するのは困難と判断し、ご子息への事業承継を提案。株式の委譲や事業承継後の経営戦略や事業計画を立案。現在は社長は、減薬を続けながら認知行動療法を実践し、回復に向かいつつある。

サポート事例2: うつ病の後継者(製造業)

会社の後継者ご本人からの相談。創業者社長からの事業承継をひかえ、軽度のうつ病を患う。会社を訪問し、事業の現状と健康状態をヒアリング。経営環境の不安定さと事業計画の不透明さからくる過度のプレッシャーがうつ病の原因であった。社長ならびに後継者ご本人を交え、事業承継計画を立案すると共に経営計画の実行をサポート。ご本人とは現在も定期的なカウンセリングを継続中。

〖関連コンテンツ〗

経営者へのメッセージ

ご家族へのメッセージ

従業員の皆様へのメッセージ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional