うつ病や躁鬱などの精神疾患を抱えた社長・後継者の事業承継

うつ病や躁鬱に悩む社長・後継者の事業承継

コンサルティング機能

 企業経営には一つの命題があります。それは事業経営をどのように継続していくかです。資金繰りや人材採用、顧客開拓など経営者には多くの悩みがありますが、それらは全て「事業継続」を目的としています。
 医療的見地から、うつ病患者をから見た場合「うつ病をどうやって治療するか」が重要です。しかし、会社という法人と個人が分離されていない中小企業経営者がうつ病を患った場合「事業継続」の観点を切り離すことはできません。
 当事務所では、うつ病を患った経営者を対象に、経営コンサルティングの国家資格者である中小企業診断士が中心となり、コンサルティングサービスを提供しています。主なステップは下記の通りです。

ステップ1 社長が事業経営を継続できるか見極め

 会社組織の目的は事業継続です。その目的を果たすうえで、経営者として社長が業務を遂行できるかを判断します。事業遂行能力を見極めるためには、「現在の事業内容」「資金調達力」「競合や業界の特性」「後継者の有無」を調査し、会社組織の経営的体力がどれだけあるかを把握します。
 特に、うつ病が再発しやすい病気であることを踏まえると「後継者の有無」と「後継者の事業遂行能力」は重要な調査項目となります。
 もちろん、医療の観点から社長のうつ病の重症度を知るために、ご担当の医師とも相談させていただきます。

ステップ2 事業戦略の再構築

  社長がそのまま経営者として事業遂行を継続するか、後継者が事業を遂行するかを問わず、事業戦略を再構築します。既存の経営戦略は、事業の最高責任者である社長が健康であることを前提としたものです。「社長への負荷軽減」と「事業継続」を軸に最適な事業戦略を再構築します。また、社長の負荷を軽減し、事業を継続するうえで、必要があるならば事業経営を代行するタスクチームを結成します。 

〖関連コンテンツ〗

経営者へのメッセージ

ご家族へのメッセージ

従業員の皆様へのメッセージ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional